帯谷幸助(読み)おびたに・こうすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

帯谷幸助

没年:昭和8.11.15(1933)
生年:安政2.3.8(1855.4.24)
明治期の実業家。和泉国(大阪府)南郡木島村の農民田中氏の子。岸和田の棉買・木綿商のもとで丁稚奉公ののち,独立。明治8(1875)年製油業者帯谷治平の養子となり,分家して棉・木綿取引を営む帯谷商店を設立。17,18年ごろ綿布生産を開始したが振るわず,直ちに出機屋(織機や綿糸を農家等に貸与して綿布を織らせる地方問屋)に転じた。まもなく出機屋が結集した貝塚織物会社の社長となったが,内紛のため同社は長続きせず,再び出機屋となった。集散地大阪船場の問屋と綿糸購入では日清戦争前から,綿布販売では日露戦争後から取引をしていた事実が確認される。日露戦争後には養子吉次郎に経営を委ねた。大正1(1912)年ごろに小幅力織機推定120台を備えた工場を建設した帯谷商店は,昭和9(1934)年には6工場計3516台の広幅力織機を持つ最大の専業織布企業に成長した。<参考文献>阿部武司『日本における産地綿織物業の展開』

(阿部武司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android