コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯谷幸助 おびたに・こうすけ

1件 の用語解説(帯谷幸助の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

帯谷幸助

没年:昭和8.11.15(1933)
生年:安政2.3.8(1855.4.24)
明治期の実業家。和泉国(大阪府)南郡木島村の農民田中氏の子。岸和田の棉買・木綿商のもとで丁稚奉公ののち,独立。明治8(1875)年製油業者帯谷治平の養子となり,分家して棉・木綿取引を営む帯谷商店を設立。17,18年ごろ綿布生産を開始したが振るわず,直ちに出機屋(織機や綿糸を農家等に貸与して綿布を織らせる地方問屋)に転じた。まもなく出機屋が結集した貝塚織物会社の社長となったが,内紛のため同社は長続きせず,再び出機屋となった。集散地大阪船場の問屋と綿糸購入では日清戦争前から,綿布販売では日露戦争後から取引をしていた事実が確認される。日露戦争後には養子吉次郎に経営を委ねた。大正1(1912)年ごろに小幅力織機推定120台を備えた工場を建設した帯谷商店は,昭和9(1934)年には6工場計3516台の広幅力織機を持つ最大の専業織布企業に成長した。<参考文献>阿部武司『日本における産地綿織物業の展開』

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帯谷幸助の関連キーワード茅渟大西伍一郎銭高善造宅徳平谷口房蔵谷新助辻阪信次郎那須善右衛門西川甫森本仁平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone