コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幡多(はた)神楽

デジタル大辞泉プラスの解説

幡多(はた)神楽

高知県高岡郡四万十町に伝わる民俗芸能。十川の星神社の秋祭例祭で奉納される大神楽。久保川の神主、平野清記が梼原村の掛橋家を訪れ、伝授された津野山神楽に演目を加えて、1854年(安政元年)に上演したのが起源。現在の津野山神楽では演じられない古吟の舞が残る。1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された「土佐の神楽」のひとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の幡多(はた)神楽の言及

【十和[村]】より

…ほかに養蚕や茶,トウモロコシなどを産する。十川(とおかわ)や昭和地区の産土(うぶすな)神社の秋祭に奉納される十和大神楽(幡多神楽)は国の重要無形民俗文化財〈土佐の神楽〉の一つ。古城と地吉地区には盆行事の大念仏が伝わる。…

※「幡多(はた)神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幡多(はた)神楽の関連キーワード高知県高岡郡四万十町十和[村]十和

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android