コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幡多(はた)神楽

1件 の用語解説(幡多(はた)神楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

幡多(はた)神楽

高知県高岡郡四万十町に伝わる民俗芸能。十川の星神社の秋祭の例祭で奉納される大神楽。久保川の神主、平野清記が梼原村の掛橋家を訪れ、伝授された津野山神楽に演目を加えて、1854年(安政元年)に上演したのが起源。現在の津野山神楽では演じられない古吟の舞が残る。1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された「土佐の神楽」のひとつ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幡多(はた)神楽の言及

【十和[村]】より

…ほかに養蚕や茶,トウモロコシなどを産する。十川(とおかわ)や昭和地区の産土(うぶすな)神社の秋祭に奉納される十和大神楽(幡多神楽)は国の重要無形民俗文化財〈土佐の神楽〉の一つ。古城と地吉地区には盆行事の大念仏が伝わる。…

※「幡多(はた)神楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幡多(はた)神楽の関連キーワード高知県高岡郡四万十町井さき高知県高岡郡四万十町江師高知県高岡郡四万十町興津高知県高岡郡四万十町昭和高知県高岡郡四万十町瀬里高知県高岡郡四万十町大正高知県高岡郡四万十町津賀高知県高岡郡四万十町十川高知県高岡郡四万十町中村高知県高岡郡四万十町平串

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone