幣帛供進使(読み)へいはくきょうしんし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 官国幣社および府県社などの新年祭・新嘗祭・例祭に幣帛をささげる使。明治六年(一八七三)太政官布告による奉幣使を同四四年に改めたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android