コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官布告 ダイジョウカンフコク

百科事典マイペディアの解説

太政官布告【だじょうかんふこく】

明治維新後太政官の発した法令の形式。1873年以後は全国的に効力を有するものを布告,各庁(省)限りのものを達(たっし)または布達(ふたつ)といった(のち一時公布にとどまるものを〈告示〉とした)。
→関連項目讒謗律集会条例廃刀令

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だじょうかんふこく【太政官布告】

明治初期の太政官によって公布された法令の形式。明治維新後の集中権力の創出は,太政官制の復活という形で行われた。法令形式の整備は,国政の中枢機構であるこの太政官制の形成・確立に照応して進められた。明治新政府が発する法令は,維新当初の御沙汰書の形式から布告,布達,達の形式へと移っていくが,版籍奉還廃藩置県など一連の政治変革を経て統一国家が形成されるまでの過渡的段階においては,法令の形式・名称は一定していない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だじょうかんふこく【太政官布告】

明治初期、太政官が公布した公文書。法令の形式として用いられ、1873年(明治6)以降は一般国民に対して発するものだけをいう。86年の公文式の制定により廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太政官布告の関連キーワード太政官(明治時代)国内における絞首刑爆発物取締罰則違式詿違条例部落解放運動違警罪即決例太政官布・達芸娼妓解放令監獄則並図式海面官有宣言神仏判然令被差別部落万国新聞紙出版条例廃仏毀釈上野公園金禄公債壬申戸籍双子の日改定律例

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太政官布告の関連情報