コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官布告 ダイジョウカンフコク

5件 の用語解説(太政官布告の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいじょうかん‐ふこく〔ダイジヤウクワン‐〕【太政官布告】

だじょうかんふこく(太政官布告)

だじょうかん‐ふこく〔ダジヤウクワン‐〕【太政官布告】

明治初年、太政官が公布した法令の形式。明治19年(1886)公文式の制定により廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太政官布告【だじょうかんふこく】

明治維新後太政官の発した法令の形式。1873年以後は全国的に効力を有するものを布告,各庁(省)限りのものを達(たっし)または布達(ふたつ)といった(のち一時公布にとどまるものを〈告示〉とした)。
→関連項目讒謗律集会条例廃刀令

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だじょうかんふこく【太政官布告】

明治初期の太政官によって公布された法令の形式。明治維新後の集中権力の創出は,太政官制の復活という形で行われた。法令形式の整備は,国政の中枢機構であるこの太政官制の形成・確立に照応して進められた。明治新政府が発する法令は,維新当初の御沙汰書の形式から布告,布達,達の形式へと移っていくが,版籍奉還廃藩置県など一連の政治変革を経て統一国家が形成されるまでの過渡的段階においては,法令の形式・名称は一定していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だじょうかんふこく【太政官布告】

明治初期、太政官が公布した公文書。法令の形式として用いられ、1873年(明治6)以降は一般国民に対して発するものだけをいう。86年の公文式の制定により廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太政官布告の関連キーワード右大臣開拓使旧刑法公布正院議官太政官牒文部卿法令違憲職員令

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太政官布告の関連情報