幣束(読み)へいそく

精選版 日本国語大辞典「幣束」の解説

へい‐そく【幣束】

〘名〙 (へいぐし)に挟んだもの。御幣(ごへい)幣帛(へいはく)
※読本・昔話稲妻表紙(1806)二「皰蒼(もがさ)の神の棚をまうけ、赤(あかき)(ヘイソク)、狭俵(さんだはら)張子の達磨木兎(みみづく)すら、起臥に心をつけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「幣束」の解説

へい‐そく【幣束】

神に供えるささげもの。幣帛へいはく。ぬさ。みてぐら。にぎて。
裂いたやたたんで切った紙を細長い木に挟んだもの。らいのときに用いる。御幣ごへい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android