コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幣束 ヘイソク

デジタル大辞泉の解説

へい‐そく【幣束】

神に供えるささげもの。幣帛(へいはく)。ぬさ。みてぐら。にぎて。
裂いた麻やたたんで切った紙を細長い木に挟んだもの。(はらい)のときに用いる。御幣(ごへい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいそく【幣束】

神前に供えるものの総称。幣帛へいはく。にぎて。ぬさ。
裂いた麻や畳んだ紙を細長い木にはさんだ祭具。おはらいをするのに用いる。御幣ごへい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幣束の関連キーワード倂・丙・並・併・兵・屏・屛・幣・平・弊・柄・炳・瓶・病・睥・竝・聘・蔽・閉・陛・餅竈神・竃神飯降伊蔵鹿島踊昇り猿イナウ地鎮祭家の神巫女舞神楽氏神競技神前幣帛代参総称梵天削掛竈神桟俵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幣束の関連情報