幣串(読み)ヘイグシ

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐ぐし【幣串】

〘名〙
① 神の表象となる御幣
※江家次第(1111頃)一一「毎月一日被例供廿合、〈略〉幣串八筋、黒塗平文也」
② 神に供える(へいはく)をはさむ串。祓(はらえ)に用いる串。多くは白木の棒を用いる。
※俳諧・犬子集(1633)一一「ふのりの上にのする幣串 祈祷してはやめ薬や呑ぬらん〈貞徳〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幣串の関連情報