コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井善之丞 ひらい ぜんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平井善之丞 ひらい-ぜんのじょう

1803-1865 江戸時代後期の武士。
享和3年生まれ。土佐高知藩士。13代藩主山内豊煕(とよてる)のもとで大目付となり藩政刷新にのりだしたが,保守派の反対で失脚した。尊王をとなえ,15代藩主山内豊信(とよしげ)の参政吉田東洋と対立。文久2年(1862)東洋の暗殺後,大監察となったが,豊信の勤王党弾圧により免職。慶応元年5月11日死去。63歳。名は政実。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平井善之丞の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)スターリングベルンハルディフォーレ若宮丸漂流民ギュツラフニューフランスドゥーフ日道ヘルウェティア共和国

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone