尊王(読み)ソンノウ

デジタル大辞泉 「尊王」の意味・読み・例文・類語

そん‐のう〔‐ワウ〕【尊王/尊皇】

《「そんおう」の連声れんじょう朝廷を尊ぶこと。勤王

そん‐おう〔‐ワウ〕【尊王/尊皇】

そんのう(尊王)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「尊王」の意味・読み・例文・類語

そん‐のう‥ワウ【尊王・尊皇】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「そんおう」の連声 ) 天子を尊ぶこと。王室・朝廷をあがめて覇者をしりぞけること。勤王。
    1. [初出の実例]「伊藤仁斎などは尊王の功はなけれども」(出典:入江杉蔵宛吉田松陰書簡‐安政六年(1859)一〇月二〇日)
    2. [その他の文献]〔史記‐太史公自序〕

そん‐おう‥ワウ【尊王・尊皇】

  1. 〘 名詞 〙 ( 普通、連声で「そんのう」と発音する ) ⇒そんのう(尊王)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「尊王」の読み・字形・画数・意味

【尊王】そんおう

王室を尊ぶ。

字通「尊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の尊王の言及

【尊王攘夷運動】より

…下級武士や少壮公卿らが主たる担い手であった。
[運動の発端]
 尊王も攘夷も,幕藩体制に本来そなわった考え方であるが,幕末に外国船の来航が多くなり,鎖国の維持が危うくなったとき,幕藩体制の秩序を再強化するための政治理論として,尊王攘夷論が登場した。その支柱となったのは,徳川斉昭や藤田東湖が唱えた後期水戸学であった。…

※「尊王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android