コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊王/尊皇 ソンオウ

世界大百科事典内の尊王/尊皇の言及

【尊王攘夷運動】より

…下級武士や少壮公卿らが主たる担い手であった。
[運動の発端]
 尊王も攘夷も,幕藩体制に本来そなわった考え方であるが,幕末に外国船の来航が多くなり,鎖国の維持が危うくなったとき,幕藩体制の秩序を再強化するための政治理論として,尊王攘夷論が登場した。その支柱となったのは,徳川斉昭や藤田東湖が唱えた後期水戸学であった。…

※「尊王/尊皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尊王/尊皇の関連キーワード三奇人(寛政の三奇人)8月18日の政変寛政の三奇人坂下門外の変復古大和絵派大義名分論佐久良東雄今中祐十郎吉村寅太郎文久の改革三条西季知藤井右門尊攘運動清川八郎飯田武郷宝暦事件塩谷良翰黒田一葦尊王思想柳子新論

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android