コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免職 めんしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免職
めんしょく

通常,職をやめさせることをいうが,公務員法では公務員関係を解除し,公務員としての身分を失わしめる行為をいう。依願免職と一方的免職とがあり,後者には,懲戒処分による免職とそれ以外の単なる一方的免職 (分限免職) とがある。一方的免職は,法律に定める事由による場合にのみ許される (国家公務員法 75,78,82,地方公務員法 27~29) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

めんしょく【免職】

( 名 ) スル
職をやめさせること。現在担任する職を解くこと。特に、公務員の身分を失わせること。 「懲戒ちようかい-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

免職
めんしょく

公務員の職を免ずること。意に反して退職させる懲戒免職、分限免職のほかに、広義では申請に基づいてなされる依願免職がある。懲戒免職は非行に対する制裁であって、これを受けると退職金が支給されず、年金も減額される。分限免職は職務の適格性を欠く者に対してなされ、退職金も年金も支給される。実務上は不祥事の責任をとらせる場合に諭旨免職という非法定処分がなされる。これは退職金の一部放棄を伴う依願免職である。なお、第二次世界大戦前は公務員の官と職を区別していたので、免官という制度があったが、今日では官と職の区別はなく、免職されることにより公務員の地位を失うことになっている。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

免職の関連キーワード裁判官弾劾裁判所ちょんになる笠の台が飛ぶ裁判官分限法稲葉 正善脇坂 安斐おべっかる官職保有法首が繫がる首が繋がる首になる御役御免リムーブ首を切る首が飛ぶ解任状強要罪首の座首切り窮愁

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免職の関連情報