コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平仲中衡 へいちゅう ちゅうこう

1件 の用語解説(平仲中衡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平仲中衡 へいちゅう-ちゅうこう

?-? 室町時代の僧,五山文学者。
臨済(りんざい)宗。京都相国寺の太岳周崇(だいがく-しゅうすう)に師事し,その法をつぐ。嘉吉(かきつ)3年(1443)相国寺の住持となる。詩文にすぐれ,横川景三(おうせん-けいさん)の「横川和尚百人一首」に七言絶句1首がはいっている。俗姓は佐々木。別号に臥游,金華。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平仲中衡の関連キーワード上村観光玉英慶瑜元芳正楞古桂弘稽旃室周馥祖渓徳濬存耕祖黙太白真玄綿谷周瓞南江宗沅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone