コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山季重 ひらやま すえしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山季重 ひらやま-すえしげ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
武蔵(むさし)七党のひとつ西党に属す。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝の挙兵にくわわる。一ノ谷の戦いなどで功をたて,平氏滅亡後,頼朝の奥州攻めに従軍。のち自領の平山郷(東京都日野市)の開発につくした。本姓は日奉(ひまつり)。武者所とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平山季重

生年:生没年不詳
平安後期・鎌倉前期の武士。本姓は日奉氏で武蔵七党の西党に属す。父は直季。武蔵国多西郡船木田荘平山郷(日野市平山)を本領とし,院の武者所に祗候して平山武者所と称した。保元・平治の乱の際,源義朝に属す。治承4(1180)年源頼朝の挙兵に従い,佐竹討伐ではまっ先に敵城に登り,宇治川合戦で橋桁の先陣,一ノ谷合戦で先陣の武功をあげたが,文治1(1185)年頼朝の許可なく右衛門尉に任官したため関東への下向をとどめられた。同5年,奥州合戦に従軍。建久3(1192)年実朝誕生のときには鳴弦役を務め,同6年の頼朝の上洛に供奉している。頼朝は彼の容貌を「顔ハフワフワトシテ」と評している。<参考文献>安田元久『武蔵の武士団』

(野口実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の平山季重の言及

【平山氏】より

…武蔵国平山郷を本領とする中世武家。武蔵七党西党の一流で,季重(一説直季)を祖とする。季重は源氏家人として保元・平治の乱に活躍,のち源義経の平家追撃軍にも加わって数々の戦功をあげた。しかし義経らとともに源頼朝の許可なく任官したため,頼朝から〈顔ハフワフワトシテ希代ノ任官哉〉とののしられ処罰を受けた。その子孫は1213年(建保1)の和田合戦で和田方にくみして衰退した。下って室町時代に,関東管領上杉氏の影響下にあった武州南一揆の主導的有力国人として現れる平山三河入道は,おそらく季重一族の末流であろう。…

※「平山季重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平山季重の関連キーワード日野(市)熊谷直家鎌倉時代安田元久

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android