コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武者所 むしゃどころ

6件 の用語解説(武者所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武者所
むしゃどころ

(1) 「院武者所」の略。上皇の御所を警固した武士の詰所をいい,転じて武士をさした。永観3 (985) 年に配置されたのが初見。 (2) 元弘3=正慶2 (1333) 年に設置され,建武新政時,主として京都の警備を司り6組 (番) から成り総員 64人で構成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むしゃ‐どころ【武者所】

院の御所を警備する武士の詰め所。また、その武士。
建武政府が設置した京都の警備機関。新田氏一族を中心に64人の武士で構成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武者所【むしゃどころ】

(1)院の武者所。上皇・法皇の御所を警衛する武士の詰める所。略して武者または所。(2)建武政権の武者所。皇居警備軍の統轄機関で,政権の武力中枢としての役割を果たしたとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むしゃどころ【武者所】

院武者所ともいう。院御所の警固,院御幸の供奉などを任務とした武者。985年(寛和1)円融院が武者所10人に弓箭を帯せしめたことをはじめとする。院庁始とともに院蔵人所,院御随身所,院武者所の設置が行われる例で,その員数は10余人から30人ほどであった。天皇在位のときの滝口をあてることが多かった。令制の本官をもたぬ者も多く,1093年(寛治7)白河上皇の春日社御幸に供奉した武者所のばあいは,30人中,有官者は9人のみであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むしゃどころ【武者所】

「院の武者所」の略。
建武政権の一機関。新田一族によって統轄され、京都の警固にあたった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武者所
むしゃどころ

(1)上皇の御所を警護する武士の詰所(つめしょ)、またその武士。985年(寛和1)以降設置され、単に「武者」あるいは「所」ともよばれた。(2)建武(けんむ)新政政府によって設置され、皇居の警衛を任とする禁衛軍を統轄し、京都の治安保持にあたった機関。1333年(元弘3・正慶2)に設置され、64人の武士が六番(組)に分かたれ、輪番で任務についた。各番の頭人(とうにん)は、一番=新田義顕(にったよしあき)、二番=同義貞(よしさだ)、三番=同行義(ゆきよし)、五番=同義治(よしはる)と、新田一族が六番のうち四番を占め、このほか四番は長井広秀(ひろひで)、六番は武田信貞(のぶさだ)が頭人に任ぜられた。禁門の警備や市中の治安維持にあたったほか、風俗の取締りや土地問題などにも関与したらしい。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武者所の言及

【院司】より

… 院司の構成にはかなり変遷があるが,《西宮記》《拾芥抄》《名目抄》その他の記録により,平安・鎌倉時代の院司を概括すると,二十数種に及ぶ。それを性格・機能のうえから分類すると,(1)院中の諸事を統轄処理するもの=別当・判官代・主典代,(2)上皇の側近に侍し身辺の雑事に奉仕するもの=殿上人・蔵人・非蔵人,(3)各種の職務を分掌するもの=別納(べちのう)所・主殿(とのも)所・掃部(かもん)所・薬殿・仕所・召次所・御服所・細工所・御厨子(みずし)所・進物所・御厩・文殿(ふどの)など,(4)上皇の身辺および御所の警固に当たるもの=御随身所・武者所・北面・西面などに整理できる。まず(1)は院司の中核で,(1),もしくは(1)(2)に限って院司と称した例も多い。…

※「武者所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武者所の関連キーワード院武者所院の武者所仙洞御所武者後鳥羽院御口伝《桜町院御集》《大斎院御集》《女院御往生》《女院御出家》八田武者所

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone