平山氏(読み)ひらやまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ひらやまうじ【平山氏】

武蔵国平山郷を本領とする中世武家。武蔵七党西党の一流で,季重(一説直季)を祖とする。季重は源氏家人として保元・平治の乱に活躍,のち源義経の平家追撃軍にも加わって数々の戦功をあげた。しかし義経らとともに源頼朝の許可なく任官したため,頼朝から〈顔ハフワフワトシテ希代ノ任官哉〉とののしられ処罰を受けた。その子孫は1213年(建保1)の和田合戦で和田方にくみして衰退した。下って室町時代に,関東管領上杉氏の影響下にあった武州南一揆の主導的有力国人として現れる平山三河入道は,おそらく季重一族の末流であろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平山氏の関連情報