コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田合戦 わだかっせん

3件 の用語解説(和田合戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田合戦
わだかっせん

建暦3 (1213) 年5月2~3日に鎌倉で行われた和田氏と北条氏との間の戦闘。和田義盛鎌倉幕府草創の功臣で侍所別当として権勢を有していたが,初代将軍源頼朝没後,勢威を高めてきた北条氏と対抗するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和田合戦【わだがっせん】

建保(けんぽう)の乱とも。鎌倉初期の有力御家人同士の勢力争い。1213年(建保1年),執権北条義時は幕府創業以来の御家人で侍所(さむらいどころ)別当の職にあった和田義盛を挑発,和田一族に反乱の軍をあげさせた。
→関連項目北条時房山内荘横山党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わだがっせん【和田合戦】

1213年(建保1)5月2,3両日,鎌倉を舞台に和田義盛北条義時によって行われた合戦。この年2月,源頼家の遺児千寿を擁して大将軍となし,義時を除こうとする泉親衡いずみちかひら)の謀叛が露見した。安念法師の白状に基づき,一味の者がつぎつぎと逮捕されたが,その中に義盛の子息義直・義重,甥の胤長が含まれていた。義盛は和田一族をあげて彼らの赦免を懇請したが,胤長だけは赦されず,一族の面前を縛縄のまま陸奥に流罪,鎌倉の彼の屋敷も,慣例に従っていったんは義盛に与えられたものの,間もなく没収され義時が拝領してしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和田合戦の関連キーワード明義門院一両日建保建暦両日慶幸佐々木泰綱千葉常秀千葉成胤融源

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田合戦の関連情報