和田合戦(読み)わだかっせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田合戦
わだかっせん

建暦3 (1213) 年5月2~3日に鎌倉で行われた和田氏と北条氏との間の戦闘。和田義盛は鎌倉幕府草創の功臣で侍所別当として権勢を有していたが,初代将軍源頼朝没後,勢威を高めてきた北条氏と対抗するようになった。同年2月に発覚した泉親衡の陰謀の加担者として義盛の甥胤長が処罰されたことから両者の関係が悪化した。義盛は同族三浦氏,姻族横山氏を語らい,相模その他に多数の味方を得て北条氏を打倒しようとした。しかし開戦に際して三浦氏が違約して北条氏につき,また北条氏が3代将軍源実朝を擁して多数の御家人を集めたため,勝負は2日間で決し,和田氏は滅亡し,北条氏が権勢を伸ばすこととなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

和田合戦【わだがっせん】

建保(けんぽう)の乱とも。鎌倉初期の有力御家人同士の勢力争い。1213年(建保1年),執権北条義時は幕府創業以来の御家人で侍所(さむらいどころ)別当の職にあった和田義盛を挑発,和田一族に反乱の軍をあげさせた。和田氏は頼みとした三浦義村が北条氏に味方したため,鎌倉で戦って全滅。以後侍所別当は執権北条氏の兼任となり,執権政治が確立していった。
→関連項目北条時房山内荘横山党

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わだがっせん【和田合戦】

1213年(建保1)5月2,3両日,鎌倉を舞台に和田義盛北条義時によって行われた合戦。この年2月,源頼家の遺児千寿を擁して大将軍となし,義時を除こうとする泉親衡(いずみちかひら)の謀叛が露見した。安念法師の白状に基づき,一味の者がつぎつぎと逮捕されたが,その中に義盛の子息義直・義重,甥の胤長が含まれていた。義盛は和田一族をあげて彼らの赦免を懇請したが,胤長だけは赦されず,一族の面前を縛縄のまま陸奥に流罪,鎌倉の彼の屋敷も,慣例に従っていったんは義盛に与えられたものの,間もなく没収され義時が拝領してしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android