平岡 権八郎(読み)ヒラオカ ゴンパチロウ

20世紀日本人名事典 「平岡 権八郎」の解説

平岡 権八郎
ヒラオカ ゴンパチロウ

明治〜昭和期の洋画家



生年
明治16(1883)年3月3日

没年
昭和18(1943)年1月6日

出生地
東京・下谷

経歴
白馬会研究所で洋画を学び、明治43年第4回文展出品の「コック場」で3等賞、第11回文展「大隅氏の肖像」で特選。以後帝展、新文展に出品、昭和12年新文展無監査。その後光風会会員。他の代表作に「老給仕たち」など。料亭花月楼を経営し、新橋演舞場(株)取締役も務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「平岡 権八郎」の解説

平岡権八郎 ひらおか-ごんぱちろう

1883-1943 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治16年3月生まれ。はじめ鈴木華邨(かそん),竹内栖鳳(せいほう)に日本画をまなび,のち白馬会研究所にはいり洋画に転じた。明治43年文展に「コック場」が入賞。のち光風会会員。作品ほかに「大隅氏の肖像」「老給仕たち」など。昭和18年1月6日死去。61歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android