平岡次郎右衛門(読み)ひらおか じろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平岡次郎右衛門 ひらおか-じろうえもん

1584-1643 江戸時代前期の治水家。
天正(てんしょう)12年生まれ。幕臣で甲府郡代をつとめる。寛永14年釜無(かまなし)川の水をひいて富竹新田をひらいた。金竹新田,名取新田などの開発にも力をそそいだ。寛永20年9月17日死去。60歳。名は和由(かずよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平岡次郎右衛門

没年:寛永20.9.17(1643.10.29)
生年:天正12(1584)
江戸初期,甲斐国の代官触頭。名は和由,武田旧臣平岡良知の長男。元和3(1617)年家督を継ぎ,代官職を世襲し甲府拝領屋敷で地域行政に当たった。8年に甲斐一国を管轄する代官触頭となる。寛永14(1637)年には甲斐国釜無川左岸に用水路を開削し富竹新田(山梨県竜王町)次いで,貢川左岸の金竹新田(甲府市),名取新田(竜王町)も開発した。開発地では村民が次郎右衛門を水神として祭っているところもある。長男勘三郎は代官触頭を継ぎ,新田移住者を保護するなど,父子2代の事績が高く評価された。墓は甲府市岩窪町の円光院。<参考文献>『甲府市史』通史編2巻

(村上直)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android