コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平牧動物群 ひらまきどうぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

ひらまきどうぶつぐん【平牧動物群】

日本の代表的な中新世の化石哺乳類群で,岐阜県の可児(かに)・土岐(とき)地方に分布する平牧層から産出する陸生の哺乳類によって代表される。アネクテンスゾウ,ヒラマキウマ,ムカシバク,カニサイ,ミノジカのほかにカバに似たブラキオダスがその構成者としてあげられている。暖帯型の台島(だいじま)型植物群をともなうことから南方系とされ,デスモスチルスやクジラ類の“北方系”とみなされていた中新世後期の戸狩(とがり)動物群と区別された(高井冬二,1939)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android