平田織瀬(読み)ひらた おりせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田織瀬 ひらた-おりせ

1782-1812 江戸時代後期,平田篤胤(あつたね)の妻。
天明2年生まれ。駿河(するが)(静岡県)沼津藩士石橋常房の娘。20歳で結婚し,常太郎,てふ,半兵衛を生む。苦しい家計をやりくりしながら国学にうちこむ夫をたすけた。文化9年8月27日死去。31歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android