コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田隼之允 ひらた はやのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田隼之允 ひらた-はやのすけ

1618-1703 江戸時代前期の武士。
元和(げんな)4年生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩家老。藩主宗義成につかえ,寛永年間に江戸詰めとなる。家老柳川調興(しげおき)が国書改竄(かいざん)について幕府に直訴し,藩邸で君臣の徹夜協議がつづいたとき藩主に侍し,目に煤(すす)をぬって眠気をふせいだ。このため晩年眼病にかかり失明した。元禄(げんろく)16年8月8日死去。86歳。名は成喬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平田隼之允の関連キーワード平田喬信

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android