コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平韻 ヒョウイン

大辞林 第三版の解説

ひょういん【平韻】

漢字の四声のうち、平声に属する上平一五韻、下平一五韻の三〇の韻。 ⇔ 仄韻そくいん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平韻の言及

【韻律】より

…脚韻によってそれぞれの行の成立が聴覚的に確認され,この行が今度は作品を構成する単位となるのだから,韻は決してリズムに無関係な存在ではない。脚韻の配置の仕方には,2行ずつ同じ韻を並べていく平韻rimes plates(英詩では対韻couplet)と,2種の韻を1行おきに交錯させる交韻rimes croisées(英詩では交互韻cross rimes)と,1種類の韻をもつ2行の間へ第2の種類の韻をもつ2行が割りこんだ形となる抱擁韻rimes embrasséesとがある。また中国の絶句の押韻法は,起承転結の4行のうち転を除いた他の3行に同一の脚韻を置くものであるが,このように脚韻は詩型とも密接に関連する。…

※「平韻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

平韻の関連キーワードファブリオー若きパルクロマンス律詩仄韻平字