コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平声 ヒョウショウ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐しょう〔ヒヤウシヤウ〕【平声】

《「ひょうじょう」とも》
漢字の四声の一。上平(じょうひょう)下平(かひょう)の総称。⇔仄声(そくせい)
日本漢字音や国語アクセントの声調で、低く、らで抑揚のない発音。へいせい。

ひょう‐せい〔ヒヤウ‐〕【平声】

ひょうしょう(平声)

へい‐せい【平声】

ひょうしょう(平声)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうしょう【平声】

漢字の四声の一。上平じようひようと下平かひようの総称。現代中国語では陰平(上平)声・陽平(下平)声に分かれている。北京音では陰平声(第一声)は高平調、陽平声(第二声)は上昇調に発音する。ひょうせい。 ↔ 仄声そくせい
日本漢字音や国語アクセントの声調の一。低く平らに発音するもの。

ひょうせい【平声】

へいせい【平声】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平声の言及

【四声】より

…中国語において,平声,上声,去声,入声の四つの声調をいう。声調toneは,本来,音節全体にかかる高低の対立であるが,常に高低の問題として考察されたわけではない。…

※「平声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平声の関連キーワード金光明最勝王経音義平仄が合わない平他字類抄平上去入童蒙頌韻洪武正韻下平圏発広韻絶句軽重入声孤平声点平韻平字平仄平他上平仄声

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android