コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年窯 ネンヨウ

2件 の用語解説(年窯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねん‐よう〔‐エウ〕【年窯】

中国清代の雍正年間(1723~1735)景徳鎮の官窯で陶官、年希尭(ねんきぎょう)の指導のもとに焼かれた磁器。特に、灰鼠色の青磁が名高い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんよう【年窯】

中国清代、雍正年間(1723~1735)に景徳鎮の官窯で焼かれた磁器。年希尭が製作の監督であったところからの名という。また、特に灰鼠色をした年窯青磁をいうことも多い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

年窯の関連キーワード大和物語サン・シモン新興市場オバマバラク・オバマバラク・フセイン・オバマ『ミシュランガイド 東京 2010』ミシュランガイドミシュランIPアドレス枯渇問題

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone