コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景徳鎮 けいとくちん

大辞林 第三版の解説

けいとくちん【景徳鎮】

中国、江西省北東部の都市。中国第一の陶磁器生産地として世界的に有名。チントーチェン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいとくちん【景徳鎮】

中国江西省北東部、昌江(しょうこう)流域にある都市。代には昌南鎮と称し、北宋の景徳年間(1004~1007)に現名称に改められた。古くから窯業で栄え、代には最盛期を迎えた。チントーチェン。→景徳鎮窯
で作られる磁器のこと。青磁白磁影青(インチン)などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

景徳鎮【けいとくちん】

中国,江西省北東部の窯業都市。旧名昌南鎮。景徳鎮窯をもつ世界的な陶都で,春〜秋に窯の開かれている時は労働者や商人が集まって人口は2倍になる。以前は市の東郊から陶土を採取していたが,現在では北方の安徽省祁県から陶土を移入している。
→関連項目江西[省]古月軒祥瑞南昌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいとくちん【景徳鎮 Jǐng dé zhèn】

中国江西省の北東部,昌江上流にある中国第一の窯業都市。古くは立馬山といい,東晋時代に新平鎮となり,唐代には昌南鎮と称したが,宋の景徳年間(1004‐07)に景徳鎮となった。製陶の起源は古く,漢代とも西晋代(265‐316)ともいわれ,また南朝陳の至徳年間(583‐86)勅命をうけて製陶したとも伝える。白磁を焼くようになったのは唐代からで,現在知られている最古の窯跡は唐末五代のもの,そこには青磁と白磁の破片が散乱している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

景徳鎮
けいとくちん / チントーチェン

中国、江西(こうせい)省北東部の地級市。2市轄区、1県を管轄し、1県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口152万3329(2010)。古くから良質の陶土を産し水陸交通の便もよいことから陶工が住みついて発達し、初め昌南(しょうなん)鎮といった。583年、陳(ちん)朝に陶器を献上し、唐の初め陶玉という陶工が陶器を仮玉器(かぎょくき)と称して唐朝に献上してから、陶窯とよばれて有名になった。陶窯はまた地名にちなんで昌窯ともよばれた。11世紀初め、宋(そう)の御用陶器を製造したので、地名を当時の年号にちなんで景徳鎮と改めた。その後、金(きん)の侵攻で荒廃した華北から優れた陶工が来住したので、量・質ともに他窯を圧倒し、元代にも多くの逸品をつくり、明(みん)・清(しん)代には政府の専用工場である御器廠(ぎょきしょう)が置かれた。雍正(ようせい)・乾隆(けんりゅう)のころはその最盛期で、人口も40万に達し、数多くの製品が海外にも輸出され、ヨーロッパ各国で愛された。清末には需要過多のために粗品が多くなったが、昨今は近代工業都市的構想のもとに、陶瓷(とうし)研究所や陶器館を中心として、往年の盛況に戻りつつある。[星 斌夫・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の景徳鎮の言及

【明代美術】より


[工芸]
 明代においては,前代までと異なり,磁器が宮廷の祭器として用いられたこともあり,陶磁器が大いに発展した。明の陶磁器を特色づけるものは,染付赤絵であったが,それらを製作した代表的な窯は,明初に官窯(御器廠)が置かれ,以後大いに栄えた景徳鎮窯(江西省)である。 明初の景徳鎮窯においては,おもに元代の染付が踏襲されていたが,宮廷用の祭器を製作するようになると,素材,技術とも改良され,宣徳年間(1426‐35)には〈明窯極盛時〉と後世評されたように,重厚な官窯の様式が完成した。…

※「景徳鎮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

景徳鎮の関連キーワード丹波市立植野記念美術館古染め付け・古染付けインチン(影青)祥瑞五郎太夫景徳鎮陶録南京赤絵裏白青磁カオリン万暦赤絵永楽赤絵ペイトン古染付釉裏紅万暦窯乾隆窯宣徳窯南京焼古赤絵永楽窯ペトン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景徳鎮の関連情報