コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年6場所制 ねんろくばしょせい/ねん6ばしょせい

1件 の用語解説(年6場所制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

年6場所制

1場所は15日間ずつで、1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)が東京・国技館。3月(春場所)が大阪府立体育会館、7月(名古屋場所)が愛知県体育館、11月(九州場所)が福岡国際センター年6場所制となったのは1958年から。また、1場所15日間興行が定着したのは49年夏場所から。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年6場所制の関連キーワード場所初場所春場所本場所大場所一月場所九月場所五月場所三月場所東京場所

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年6場所制の関連情報