コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年6場所制 ねんろくばしょせい/ねん6ばしょせい

1件 の用語解説(年6場所制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

年6場所制

1場所は15日間ずつで、1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)が東京・国技館。3月(春場所)が大阪府立体育会館、7月(名古屋場所)が愛知県体育館、11月(九州場所)が福岡国際センター年6場所制となったのは1958年から。また、1場所15日間興行が定着したのは49年夏場所から。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年6場所制の関連キーワード場所初場所春場所本場所大場所一月場所九月場所五月場所三月場所東京場所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年6場所制の関連情報