幼びる(読み)おさなびる

精選版 日本国語大辞典の解説

おさな‐・びる をさな‥【幼びる】

〘自バ上一〙 をさな・ぶ 〘自バ上二〙 幼く見える。子供っぽいさまである。
※狭衣物語(1069‐77頃か)二「うらみ給けはひをさなびてふくらかに愛敬づき」

おさな‐び・る をさな‥【幼びる】

※河海抄(1362頃)九「やはらかにおひれたる物からふかうよしづきたる、をひれおさなびれたると云心歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おさな・びる〔をさなびる〕【幼びる】

[動バ上一][文]をさな・ぶ[バ上二]幼く見える。子供っぽいようすだ。
「心の―・びた胸を躍らしていた」〈近松秋江・青草〉

おさな‐び・る〔をさな‐〕【幼びる】

[動ラ下二]「おさなびる」(上一)に同じ。
「やはらかにおひれたる物からふかうよしづきたる、をひれ―・れたるといふ心か」〈河海抄・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android