コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾島丹後守 いくしま たんごのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幾島丹後守 いくしま-たんごのかみ

?-? 織豊-江戸時代前期の女役者。
女歌舞伎の太夫で,慶長年間(1596-1615)に京都から江戸にうつって興行した。美貌(びぼう)と男装で人気を博したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の幾島丹後守の言及

【女歌舞伎】より

お国歌舞伎との第一の違いは,当時最新の楽器である三味線をスターが弾いていることで,50~60人もの遊女を舞台へ登場させ,虎や豹の毛皮を使うなど,いっそう豪奢な舞台ぶりに,数万人もの見物を集めたという。佐渡嶋,又市,道喜(とうき)などの遊女歌舞伎の座,また,幾島丹後守,村山左近などのスターが知られていた。1615‐29年(元和1‐寛永6)ごろが最盛期であった。…

※「幾島丹後守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幾島丹後守の関連キーワード女歌舞伎女役者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android