広域Ethernet(読み)こういきいーさーねっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

広域Ethernet

通信事業者がEthernetの技術を使って構築したネットワークを使って各拠点を接続するWANVPN)サービス。IP-VPNと違い、プロトコルがIPに限定されず、MacintoshのAppleTalkやIPX/SPXも利用できる。アクセス機器も通常のルーターやスイッチが使えるため、WANを完全にLANの延長として使えるという点が最大の特徴だ。広域Ethernetでは、ユーザーごとのVPNの識別に「タグVLAN」を利用する。広域Ethernetでは、中継網の入り口(エッジ)にあるエッジルーターがフレームにVLANタグを付け、このタグで他のユーザーのフレームと区別する。対向のエッジルーターにフレームが届くと、ここでタグを外して目的の拠点に転送する。しかしこのままでは、ユーザーは拠点をまたぐタグVLANを利用できない。そのため、広域Ethernetでは、二重にタグを付けられる多重タグ対応のスイッチを採用している。これにより、利用者は広域Ethernetを意識することなく、タグVLANを利用できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android