コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広岡 浅子 ヒロオカ アサコ

1件 の用語解説(広岡 浅子の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

広岡 浅子
ヒロオカ アサコ

明治・大正期の実業家 加島銀行創業者;大同生命保険創業者。



生年
嘉永2年9月3日(1849年)

没年
大正8(1919)年1月14日

出生地
京都・油小路出水

旧姓(旧名)
三井

経歴
三井高益の四女に生まれ、17歳で大阪の豪商加島屋広岡信五郎と結婚。維新に際し家運が傾きかけたため、単身上京して諸侯御用金の整理に成功したのをはじめ、店務を総轄、実業界に入る。鉱山、銀行の経営にあたり、明治21年加島銀行、35年大同生命創業に参画。夫没後、女婿の恵三に事業を譲る。また女子教育事業に尽力し、日本女子大学創立の際成瀬仁蔵を助けて、最初の後援者となった。44年受洗、晩年は宗教活動に従事し、38年日本キリスト教女子青年会(YWCA)創立中央委員、大正7年大阪YWCA創立準備委員長をつとめた。著書に「一週一信」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広岡 浅子の関連情報