広狭自在無礙門(読み)こうきょうじざいむげもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「広狭自在無礙門」の解説

広狭自在無礙門
こうきょうじざいむげもん

中国仏教で大成した華厳教学において十玄門の一つ。十玄門とは,事事無礙法界すなわち現象そのままが不可思議無礙であるとする世界のを十方面より説示したもので,初めに華厳宗の次祖智儼 (ちごん) が古十玄と称される十玄門を説き,さらに法蔵がこれを改めて,『探玄記』中に新十玄を述べている。広狭自在無礙門とは,新十玄に説かれるもので,空間の広さも狭さも互いに一つになって相互に働きが入り交って障害とならないという意味である。古十玄の諸蔵純雑具徳門にあたるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android