コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄氏 しょううじ

世界大百科事典 第2版の解説

しょううじ【庄氏】

武蔵出身の中世武家。武蔵七党児玉党の一流で,弘高が庄権守を称して以来子孫は各地に分散した。とくに弘高の甥で庄四郎を称し,一ノ谷の戦で戦功をあげた高家(一説には庄太郎家長)が備中国草壁荘を与えられて,この地に定着して発展した一族が有名である。鎌倉中期に伯耆国北条郷地頭代(地頭正員北条氏)としての徴証がある庄四郎や,在京御家人と考えられる庄(荘)資兼,同松王丸,六波羅探題の被官庄資房なども,おそらくはこの一族であると推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

庄氏の関連キーワード岐阜県山県市麻生[町]栃尾[市]本庄(市)高富[町]宮津[市]高富〈町〉村上城跡徳川綱吉本庄繁長観音寺城武田信玄行方市村上市栃尾城丹後国宮津市笠間城平林城宮津藩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庄氏の関連情報