コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄氏 しょううじ

世界大百科事典 第2版の解説

しょううじ【庄氏】

武蔵出身の中世武家。武蔵七党児玉党の一流で,弘高が庄権守を称して以来子孫は各地に分散した。とくに弘高の甥で庄四郎を称し,一ノ谷の戦で戦功をあげた高家(一説には庄太郎家長)が備中国草壁荘を与えられて,この地に定着して発展した一族が有名である。鎌倉中期に伯耆国北条郷地頭代(地頭正員北条氏)としての徴証がある庄四郎や,在京御家人と考えられる庄(荘)資兼,同松王丸,六波羅探題の被官庄資房なども,おそらくはこの一族であると推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

庄氏の関連情報