コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴証 チョウショウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しょう【徴証】

[名](スル)あかしとなる証拠。また、証拠をあげて明らかにすること。
「以て改租後の弊害を―すべし」〈金井之恭・東巡録〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしょう【徴証】

( 名 ) スル
めじるしになるものや、あかしとなるもの。証拠。
証拠をあげてあきらかにすること。 「之を以て開花の進不進を-するに足るものなり/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徴証の関連キーワード浜松中納言物語高皇産霊尊石(いし)京極高光親王将軍青砥藤綱大神宮寺放生津庄氏四職国宣元号徴憑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android