徴証(読み)チョウショウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しょう【徴証】

[名](スル)あかしとなる証拠。また、証拠をあげて明らかにすること。
「以て改租後の弊害を―すべし」〈金井之恭・東巡録〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしょう【徴証】

( 名 ) スル
めじるしになるものや、あかしとなるもの。証拠。
証拠をあげてあきらかにすること。 「之を以て開花の進不進を-するに足るものなり/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐しょう【徴証・兆テウ証】

〘名〙 ある結論を引き出すのに役立つ証拠。あかし。証拠。また、証拠をあげてあきらかにすること。
※明六雑誌‐五号(1874)人民の自由と土地の気候と互に相関するの論・続〈箕作麟祥訳〉「自由の気質は一も其証を知るに足らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android