コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底倉之記 そこくらのき

1件 の用語解説(底倉之記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底倉之記
そこくらのき

上野国新田氏一族の歴史。1巻。著者,成立年代未詳。文中2 (1373) 年新田義宗脇屋義治らが南朝方に属して没落し,義治の子義隆が上野国新田に残留して再挙をはかり,以降諸所の合戦に奮戦,応永 10 (1403) 年箱根底倉温泉に戦いの傷を癒やしているところを,鎌倉の関東公方足利満兼の軍勢に襲われ殺されるまでを記す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

底倉之記の関連キーワード新田氏新田義重松平氏嘉吉記旧事紀太田市立新田荘歴史資料館岩松経家大井田経隆里見義成岩松氏

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone