コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底倉之記 そこくらのき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

底倉之記
そこくらのき

上野国新田氏一族の歴史。1巻。著者,成立年代未詳。文中2 (1373) 年新田義宗,脇屋義治らが南朝方に属して没落し,義治の子義隆が上野国新田に残留して再挙をはかり,以降諸所の合戦に奮戦,応永 10 (1403) 年箱根底倉温泉に戦いの傷を癒やしているところを,鎌倉の関東公方足利満兼の軍勢に襲われ殺されるまでを記す。『改定史籍集覧』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android