コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 てい base

翻訳|base

6件 の用語解説(底の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


てい
base

数学用語。 (1) 台形の上底,下底を合せて底という。 (2) 角柱,円柱など柱体の底面を底ということがある。 (3) 角錐,円錐など錐体の底面を底ということがある。 (4) 指数関数 yaxa をその底という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そこ【底】

物のいちばん下。
㋐容器その他くぼみのある物の、いちばん下の平らな部分。「コップの」「箱のが抜ける」
㋑地面・水面から離れたいちばん下の所。「地の」「海の
㋒重なりのいちばん下。「積荷の
物事の極まるところ。はて。極限。際限。「の知れない実力」
奥深い所。「腹のから笑う」
相場が下落して、いちばん安くなったところ。⇔天井
そのものがもつ真の力量。実力。
「義経が乗たる大鹿毛(おほかげ)は…薄墨にも―はまさりてこそあるらめ」〈盛衰記・三六〉
[下接語]奥底心の底心(しん)底手(たな)底谷底奈落の底水(みな)底胸(むな)底(ぞこ)上げ底石底糸底大底織底川底靴底どん底鍋(なべ)底二重底平(ひら)底船(ふな)底

てい【底】

種類。程度。中国で近世の口語に用いられた「…の」の意の助辞から出た語。現代中国語では「的」に相当する。
「彼の精神が朦朧として不得要領―に一貫して」〈漱石吾輩は猫である

指数関数yaxおよび対数関数y=logaxにおけるaのこと。基数。→対数累乗
台形の平行な2辺。底辺、また、柱体錐体の底面。

てい【底】[漢字項目]

[音]テイ(漢) [訓]そこ
学習漢字]4年
〈テイ〉
いちばん低い所。物の下部。そこ。「底辺底面底流奥底(おうてい)海底眼底胸底筐底(きょうてい)湖底心底(しんてい)船底地底徹底到底払底
奥底まで至る。「底止
もとになるもの。「底本基底根底
〈そこ(ぞこ)〉「底力底値心底(しんそこ)谷底船底
[名のり]さだ・ふか

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そこ【底】

容器やくぼんだものの一番下の部分。 「 -を二重にする」 「鍋の-に穴が開く」 「川の-が見える」
積み重なったものの一番下。また、下部。 「 -になった荷物」 「地の-」
物事が進んで、最後に行きつくところ。また、限界。 「 -知れぬ怪力」
奥深くて、うかがい知れないところ。 「心の-まで見透かされる」
普段は表れない真の力量。 「薄墨にも-はまさりてこそあるらめ/盛衰記 36
景気や株価の最低状態。谷。 ↔ 天井 「相場が-を突く」

てい【底】

〔中国語の名詞・動詞・形容詞に付く接尾辞から。現代中国語の「的」に相当し、体言を修飾する。現代中国語の「地」に相当して、副詞を作ることもある。語録などの禅語として移入された〕 「…の」「…のような」「…の程度の」の意を表す。また、被修飾の体言を省略して用いられることもある。 「人間社会に於て目撃し得ざる-の伎倆で/吾輩は猫である 漱石」 「打破漆桶-/正法眼蔵」
〘数〙
「底辺」「底面」の略。
a y 乗したら x になるという時の a 。すなわち y =logax における a 。 → 対数たいすう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

底の関連キーワードポリ形・容・貌松柏拗ね拗ねしチェリー花菱反共ワンウエー容リ法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

底の関連情報