庚子(読み)こうし

  • こうし カウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 十干と十二支とを組み合わせたものの第三七番目。かのえね。→干支(えと)
※史記抄(1477)三「元年は庚子ぢゃほどに、十六年乙卯崩なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android