庚寅年藉(読み)こういんねんじゃく

百科事典マイペディア「庚寅年藉」の解説

庚寅年藉【こういんねんじゃく】

持統(じとう)天皇飛鳥浄御原(あすかきよみはら)令に基づいて,690年庚寅(かのえとら)の年から作成させた戸籍。670年の庚午(こうご)年籍後初の全国的な戸籍で,以降6年ごとに作成された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android