廟墓彫刻(読み)びょうぼちょうこく(英語表記)sepulchral sculpture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廟墓彫刻
びょうぼちょうこく
sepulchral sculpture

死者を哀悼し,記念して作られた線彫,浮彫彫像などの廟墓に付属する彫刻のことで,空墓,石棺,石板,墓碑などがある。古代の廟墓彫刻の代表例としては,エジプトの葬祭用の彫像,ギリシアの墓碑彫刻,エトルリアの彩色陶棺などがある。キリスト教公認後のヨーロッパでは,死と罪からの救済と永遠の生を願うキリスト教の理念が主題とされ,形式的には石碑や石棺上に二次元的に表現されていたものが,次第に三次元的表現に変っていく展開がみられる。ルネサンス以降は,人間中心主義的精神の反映がうかがわれるようになり,ミケランジェロの『ユリウス2世墓碑』『メディチ家廟墓』のようなモニュメンタルな傑作が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android