コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬井鯨 いおいの くじら

2件 の用語解説(廬井鯨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廬井鯨 いおいの-くじら

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で,近江(おうみ)朝廷方の将軍犬養五十君(いぬかいの-いきみ)の下で別将をつとめる。大海人(おおあまの)皇子方の将軍大伴吹負(おおともの-ふけい)の大和の陣を急襲したが,大神高市麻呂(おおみわの-たけちまろ)らの軍に敗れた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

廬井鯨

生年:生没年不詳
壬申の乱(672)の大友皇子(近江朝)方の武将。犬養五十君の別将として精兵200人を率いて大和の中つ道を南進し,大海人皇子(のちの天武天皇)方の将軍大伴吹負がいた飛鳥古京(奈良県明日香村)の軍営を攻撃。大海人皇子軍に後方を断たれて敗れ,自身はかろうじて白馬によって遁走した。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone