コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延岡城 のべおかじょう

日本の城がわかる事典の解説

のべおかじょう【延岡城】

宮崎県延岡市本小路城山にあった近世城郭の平山城(ひらやまじろ)で、五ヶ瀬川と大瀬川に囲まれた丘陵に築かれた。丘陵の最高所に天守台を置き、本丸・二の丸・三の丸と一二三段状に曲輪(くるわ)を配置した縄張りとなっている。1613年(慶長18)、高橋氏が改易された後に肥後日野江から有馬直純(なおずみ)が5万3000石でこの地に入封、直純、康純、清純と3代続いたが、1691年(元禄4)に越後糸魚川へと移封となった。その後、三浦氏・牧野氏と変わり、1747年(延享4)に陸奥磐城平(むついわきたいら)より内藤政樹(まさき)が7万石を領して入り、以後内藤氏が8代続いて明治を迎えた。現在、復元された北大手門から「千人殺しの石垣」と呼ばれる本丸高石垣(高さ22m)や石垣に連なる本丸枡形虎口の2階櫓(やぐら)門跡辺りの石垣遺構を見ることができる。JR日豊本線延岡駅から南延岡行きバス10分で市役所前下車、徒歩5分。◇亀井城ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

延岡城の関連キーワード宮崎県延岡市東本小路延岡(市)内藤記念館有馬直純山口盛高五ヶ瀬川内藤政樹有馬康純日野江城有馬氏高橋氏牧野丘陵三浦原城

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延岡城の関連情報