コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延平郡王祠 えんぺいぐんおうし

1件 の用語解説(延平郡王祠の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

えんぺいぐんおうし【延平郡王祠】

台湾島西南部の台南(臺南、タイナン)市の西区開山路にある、鄭成功(ていせいこう)を祀る祠。鄭成功は台湾島のオランダ勢力を駆逐して、1661年に同国による植民地支配を終わらせた人物。日本でも古くから「国姓爺」の名前で知られていた。この祠は、彼の死後、鄭成功とその一族を祀るために建設された。1875年建物を増築し、「開山王廟」と名づけられたが、1896年に台湾統治を開始した日本により「開山神社」と改称され、戦後、中華民国政府によって社殿が取り壊され、中国北方式建築を模した鉄筋コンクリート製の廟(びょう)が建設されて、今日に至っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

延平郡王祠の関連キーワード西南日本西南日本外帯西南日本内帯西南学院大学西南西南西西南の役台南東西南北南紀

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone