コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部貞道 たけるべの さだみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部貞道 たけるべの-さだみち

?-? 平安時代前期の官吏。
筑後少目(ちくごのしょうさかん)。従七位上。仁和(にんな)元年(885)前筑後掾(じょう)藤原武岡らが筑後守(かみ)都御酉(みやこの-みとり)を殺害した事件で,主犯筑後掾藤原近成(ちかなり)の従犯として官当(かんとう)除名(解任・位階剥奪(はくだつ))に処せられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

建部貞道の関連キーワード官吏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android