コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除名 じょめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

除名
じょめい

大宝,養老律の定める有位者に対する付加刑官人が,士大夫にあるまじき犯罪,たとえば八虐に該当する罪を犯した場合に,歴任の官位勲位をすべて剥奪する刑である。除名者は,6年ののちに,選叙,軍防の両令の規準に従って,先位より数等下の官位勲位を与えられて,官界に復帰した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょ‐めい〔ヂヨ‐〕【除名】

[名](スル)
名簿などから、その名前を除き去ること。団体などで、その構成員としての資格を奪うこと。「会費の滞納者を除名する」「除名処分」
古代、に定めた付加刑重罪を犯した官人の位階勲等を6年間剝奪した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょみょう【除名】

〈じょめい〉ともいう。有位者の位階・勲等すべてを剝奪し,6載,すなわち7年目の後でなければ再び叙位されないとする律の処分。有位者なるがゆえに,とくにその責任を問うて主刑に付加する刑に,除名,免官,免所居官(総称して除免という)があるが,除名がこの中で最も重い。除名に該当する犯罪は,八虐,故殺人,監守内(地位権限を利用した)の姦・盗・略人(人身売買)・受財枉法(収賄しかつ法をまげる),および死罪,五流に相当する犯罪である。

じょめい【除名】

議会,政党教会といった組織体が有する制裁手段のひとつであり,規律違反や組織紊乱の理由で,特定の個人やグループからその組織成員としての資格を剝奪することを意味している。多くの組織体は多かれ少なかれ特定の目的と成員の資格要件を明示的,もしくは黙示的に有しているが,先にあげた議会,政党,教会等ではこれがとくに成文化されており,これに違反したと考えられる場合には除名処分が定められていることがある。たとえば日本の国会法懲罰手段のひとつとして除名を規定し,議院に議員を除名する権限を与えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょめい【除名】

( 名 ) スル
組織体において、特定の構成員についてその構成員たる資格を奪うこと。 「党則違反で党から-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

除名の関連キーワードE. プレオブラジェンスキー日本相撲協会の懲戒処分プレオブラジェンスキークローズド・ショップクローズドショップユニオン・ショップL. バツリーク民主党常任幹事会チュコフスカヤ相撲協会の罰則尻抜けユニオンI. ボノーミ反軍演説問題ドイッチャーマクドナルド懲罰委員会全国民衆党床次竹二郎ジノビエフ遠坂 良一

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

除名の関連情報