コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部隆勝 たけべ りゅうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部隆勝 たけべ-りゅうしょう

?-? 織豊時代の香道家。
志野流2代志野宗温の弟子。志野流3代の京都退去による断絶の危機に際し,同門蜂谷宗悟に志野流4代の継承をすすめた。天正(てんしょう)元年(1573)「建部隆勝筆記」をあらわした。のちにおこった建部流の祖。号は留守(主)斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

建部隆勝

生年:生没年不詳
桃山時代の香道家。留守斎と号した。近江国(滋賀県)佐々木氏の家臣で建部城主であったともいわれるが判然としない。織田信長,豊臣秀吉の時代に活躍し,志野流2世志野宗温の弟子で,3世志野省巴の奥州退居による志野流断絶の危機に当たって,同門の蜂谷宗悟に継承をすすめたともいう。天正1(1573)年の年紀を持つ『香之記録』は「隆勝香之記」と呼ばれ,隆勝が判をしている。この記録は香の木所を7分類した最初の記録としても注目され,香道家としての隆勝の地位を決定的なものにした。のちに建部流がおこり,その祖とされた。<参考文献>一色梨郷『香道のあゆみ』

(熊倉功夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

建部隆勝の関連キーワード志野宗信織豊時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android