コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断絶 ダンゼツ

デジタル大辞泉の解説

だん‐ぜつ【断絶】

[名](スル)
続いてきたもの、受け継がれてきたものが、絶えること。廃絶すること。「家が断絶する」
結びつきや関係が、切れること。また、関係などをたちきること。「世代の断絶」「国交を断絶する」
まったくなくしてしまうこと。根絶すること。「悪弊を断絶する」
執着をたちきること。
「君は全く恋慕の念を―しましたか」〈露伴・露団々〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんぜつ【断絶】

( 名 ) スル
長く受け継がれてきた事が切れて続かなくなること。とだえること。 「王朝が-する」
子孫が絶えること。家が廃絶すること。 「一家が-する」
近世、主家が臣家との縁を切り所領を没収すること。とりつぶすこと。
人と人、国と国との間でのつながりや結びつきが切れること。 「国交が-する」 「世代の-」
執着している思いを断ちきること。 「君は全く恋慕の念を-しましたか/露団々 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

断絶の関連キーワードクレディビリティーギャップグレーブコンシークエンスジェネレーションギャッププランタジネット朝黒沢琴古(4世)ディアトレッタ杯ベステロース勅令カージャール朝東フランク王国ユーグカペーハノーバー朝キューバ封鎖大空位時代弁証法神学大陸封鎖令ドラッカーヤゲロー朝堀池 延叟ノルマン朝武田信吉

断絶の関連情報