弁天・辯天・辨天(読み)べんてん

精選版 日本国語大辞典「弁天・辯天・辨天」の解説

べん‐てん【弁天・辯天・辨天】

※雑俳・柳多留‐初(1765)「弁天をのけるとはかたわ也」
[2]
① ((一)から転じて) 美しい女。
※雑俳・柳多留‐九七(1828)「羽織の弁天江の島を唄ってる」
② (俗に(へび)は弁才天の御使であるというところから) 蛇の異称
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一〇(1760)義三「弁天をまたひできもがいもに成り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android