コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天人 てんにん

9件 の用語解説(天人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天人
てんにん

仏教用語。天界に住んでいる衆生。道徳的に前生によい生活をおくった者とされる。また,天界と人界との衆生をもいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あめ‐ひと【天人】

《「天人(てんにん)」を訓読みにした語》
天上界の人。
「高麗錦(こまにしき)ひも解き交はし―の妻問ふ宵ぞ我もしのはむ」〈・二〇九〇〉
都の人。
「天離(あまざか)る鄙(ひな)の奴(やっこ)に―しかく恋ひすらば生けるしるしあり」〈・四〇八二〉

てん‐じん【天人】

天と人。天意と人事。「天人ともに許さざる悪行」

てん‐にん【天人】

天上界に住む者。音楽を奏し、天華を降らせ、瓔珞(ようらく)をなびかせて虚空を飛行(ひぎょう)するとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天人【てんにん】

天界に住む生類の意。仏教では六道の一つとし,死をまぬかれないとして,天人の五衰を説く。音楽を奏し,華をふらし,虚空を飛んで(飛天),仏の功績をたたえるものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あめひと【天人】

天上界の人。てんにん。あまびと。 「 -の妻問ふ夕よいぞ我も偲はむ/万葉集 2090
都の人。 「鄙の奴に-しかく恋ひすらば/万葉集 4082
天つ神の血を引く人。大和朝廷の統治下にある者。 「若し-のけぶりにあらば、来て我が上を覆へ/常陸風土記」

てんじん【天人】

天と人。天意と人事。
[句項目]

てんにん【天人】

〘仏〙 天に住む者。あらゆる迷いを捨てきってはいないが、苦の少なく、喜びの多い境遇にあるとされ、空を飛んだり、音楽を奏でたりする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天人
てんにん

天上界に住む超自然的な存在。もともとインドの民族信仰に基づいている。わが国では説話に多く登場してくる。『竹取物語』かぐや姫はもとは月の都に住む天人であったが、天界で犯した罪の償いのために下界に降ろされていたのである。この話とつながりのある『万葉集』巻16の「竹取翁(おきな)と仙女」の話は、中国の神仙思想の影響を受けた内容になっている。民間では昔話や伝説として伝えられてきた。「天人女房」の昔話は、東アジアに広く分布し、農耕と関連の深い話である。『近江国風土記(おうみのくにふどき)』逸文では、この話が伝説化した内容になっている。ただ、8人の天女が白鳥の姿で降りてくるという白鳥処女説話の形をとっている点が注目される。説話に登場する天女は、いったんは人間と交渉をもちながらも、結局は離別する運命に置かれている。[野村純一]
 仏教では、(1)天界の神々と人間を意味する場合と、(2)天界の神々だけを意味する場合とがある。「天」はサンスクリット語デーバdevaの漢訳語であるが、この語には「天界」という場所とそこに住む「神」との両義がある。仏の10種の呼び名の一つ「天人師(てんにんし)」は神々と人間との教師の意である。一般的には「天界に住む神々」のみを意味することが多い。天界の神々は天衆(てんしゅ)ともいい、仏の浄土などにおいて天上の音楽を奏で、天の華(はな)を降らせたりして仏や浄土を讃嘆(さんたん)するという。天衣をまとい瓔珞(ようらく)(装身具)を着けて天空を飛行するので飛天(ひてん)ともいい、古来、仏教の荘厳(しょうごん)の素材に用いられた。天人の寿命の尽きるときに現れる5種の徴候を天人五衰(てんにんごすい)といい、これに大小2種がある。大の五衰は、〔1〕衣服が垢(あか)で汚れる、〔2〕頭上の華鬘(けまん)がしぼむ、〔3〕身体が汚れてにおう、〔4〕腋下(えきか)に汗が流れる、〔5〕自分の席を楽しまない、の5種。小の五衰は、〔1〕楽しい声が出ない、〔2〕身体の輝きが急に失われる、〔3〕沐浴(もくよく)したときに水滴が付着する、〔4〕周りの光景にとらわれる、〔5〕まばたきをしばしばする、の5種である。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天人の言及

【飛天】より

…一般には虚空を飛ぶ天人のこと。ことに仏教において,仏(如来)の浄土の空中を飛びながら天の花を散らし,あるいは天の音楽を奏し,あるいは香を薫じて仏を讃える天人を意味する。…

【六道】より

…すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。すなわち衣裳垢膩,頭上花萎,身体臭穢,腋下汗出,不楽本座の五相で死に至る。…

※「天人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天人の関連キーワード地平線愛人天の逆鉾天神様白日野暮天松竹梅 天天神町天王町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天人の関連情報