コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁房承誉(読み)べんぼう しょうよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁房承誉 べんぼう-しょうよ

?-? 鎌倉時代の荘官(しょうかん)。
正和(しょうわ)(1312-17)のころの東寺(とうじ)領伊予(いよ)(愛媛県)弓削島(ゆげじまの)荘の雑掌(ざっしょう)。地位を利用して年貢の塩をふやすなどの非法をおこない,うったえられて追放となる。その後武力で荘内に乱入するなど悪党としても知られた。同時期の弓削島荘預所(あずかりどころ)承誉(しょうよ)と同一人物とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

弁房承誉

生年:生没年不詳
鎌倉後期の東寺領伊予国(愛媛県)弓削島荘の荘官,悪党としても知られる。伊予国小(大)山を本拠地とする。代官を務めていた正和1~3(1312~14)年に,讃岐国より弓削島荘に乱入した悪党に対して,自ら兵粮米を用意し数百人の勢をもって合戦した末にこれを退け,その功績により正和5年,預所に任ぜられた。しかしそのころからすでに年貢や夫役等をめぐって百姓らと対立しており,いったん預所職を改替されさらに還補されたのち,正中1(1324)年,百姓らと対立しふたたび預所職を改替され,当国,他国の悪党数百人を引き入れた。典型的な悪党行動と同時に,兵粮米を用意し年貢を立て替え何度もの任料を支払うという経済力でも注目される。なお,弁房と承誉を別人とする説もあるが採らない。

(馬田綾子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報