雑掌(読み)ざっしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑掌
ざっしょう

もとは令制の諸官庁の雑務を行う者をいったが,荘園制のもとでは,領主 (→本所 ) の代官の呼称となった。雑掌には,年貢の徴収やこれに関連する一切の事務を行う所務雑掌,領主の訴訟事務を代行する沙汰雑掌,所務雑掌および沙汰雑掌の権限をあわせもつ平雑掌との3種があった。このうち所務雑掌は預所 (あずかりしょ) と呼ぶのが一般で,ただ雑掌といえば,多くは沙汰雑掌かあるいは平雑掌を意味した。また当時国衙領などにつき諸国が提訴する場合,国衙にも雑掌がいて訴訟事務を担当した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざっ‐しょう〔‐シヤウ〕【雑掌】

奈良・平安時代、四度の使(つかい)随行した諸国の官人
平安時代以降、国衙(こくが)公文書を扱った役人の職名。
中世、本所・領家のもとで荘園に関する訴訟や年貢・公事(くじ)の徴収などの任にあたった荘官。
雑掌奉行(ざっしょうぶぎょう)」の略。
明治5~19年(1872~86)宮内省に設けられ、宮中の雑事をつかさどった判任官
人をもてなすための酒や食物。また、引出物や贈り物。
「二日の日の―には、肴(さかな)の数を集め」〈伽・浜出草紙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雑掌【ざっしょう】

平安時代,在京して諸官衙(かんが)や諸家の雑務をつかさどる諸国の役人(国雑掌)。中世には,荘園領主に任命されて荘園の雑務を行う荘官が主で(荘雑掌),国雑掌と同様の役割を果たした。荘園の管理をつかさどるものを所務雑掌,荘園をめぐる訴訟事務に当たるものを沙汰(さた)雑掌といった。多くの場合,預所(あずかりどころ)がこの職務に当たるので,同一視されることもあった。
→関連項目大国荘国富荘和佐荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざっしょう【雑掌】

奈良時代,四度使雑掌(よどのつかいざつしよう)といわれ,四度使に随行,四度公文(諸国から中央に提出した大計帳,正税帳,朝集帳,調庸帳をいう)等の公文書を太政官に進めるべく上京し,四度使とともに民部省における公文勘会(くもんかんえ)(地方官の行政の実態と公文書との照合)に加わった諸国の官人。ほぼ書生クラスの人が当たった臨時の職で,3~6ヵ月間在京して事務をとった。734年(天平6)の〈尾張国正税帳〉を初見とするが,755年(天平勝宝7)相模国の調邸を国司が売却したとき,その文書を扱ったのも調雑掌で,四度公文以外の文書も扱い,京に置かれた諸国の出先施設にも関係している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざっしょう【雑掌】

律令制下、諸官衙に属して雑務をつかさどった者。
中世荘官の一。本所・領家の代理人として荘園の管理、訴訟事務を取り扱った者。
貴族・武家に仕え、雑務に携わった者。
1872年(明治5)宮内省に設けられ、宮中の雑役を取り扱った判任官。86年廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑掌
ざっしょう

古代・中世に国衙(こくが)・荘園(しょうえん)、貴族などに属して雑事務をとった役人。元来、四度使(よどのつかい)(律令(りつりょう)時代に毎年、国司が政治の成績を中央政府に上申するために派遣した4種の使)の従者で、貢調使(こうちょうし)雑掌・朝集使(ちょうしゅうし)雑掌などと称したが、平安時代に入って四度使の制度が崩れ、国衙の雑事務をとるものを某国雑掌と称するようになった。またこれに倣って荘園領主である本所(ほんじょ)・領家(りょうけ)はその荘園の管理にあたるものを荘園雑掌といった。鎌倉時代以降、在地して年貢・公事(くじ)の徴収にあたるものが所務雑掌、在京して荘園の訴訟事務を行うものを沙汰(さた)雑掌といった。彼らは荘園において一定の雑掌給という得分(とくぶん)を得、本所・領家側の利害を代表した。江戸時代には公家(くげ)の家司(けいし)を雑掌といい、維新政府の成立後、1872年(明治5)から86年まで宮内省に置かれた職掌に雑掌があり、宮中の雑務をとった。[奥野中彦]
『赤松俊秀著『古代中世社会経済史研究』(1973・平楽寺書店) ▽泉谷康夫著『律令制度崩壊過程の研究』(1973・鳴鳳社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざっ‐しょう ‥シャウ【雑掌】

〘名〙
① 奈良・平安時代、朝集使など四度使(よどのつかい・しどし)の随員として上京してきた諸国の官人。臨時の職名で公文書の取扱いをつかさどった。後、四度使の職務をも代行するようになった。四度使雑掌(しどしざっしょう)
※正倉院文書‐天平六年(734)一二月二四日・尾張国正税帳「雑掌粮伍拾参束弐把陸分」
② 平安時代以降、国衙の在庁官人の職名。公文書の取扱い、中央への貢納物(封戸調庸官物雑物)の運送などにたずさわる。後、国司遙任制が一般化するに従って、通常、在京して国の文書事務に従事する者もあらわれた(在京雑掌)。これらは中央の下級官人が本官のほかに兼務していることが多く、実名を名のらず、秦成安、調成安のような仮名(けみょう)を名のることが多かった。国雑掌(くにざっしょう)
※三代格‐八・承和一〇年(843)三月一五日「郡司綱領受取諸司諸家返抄収文授雑掌、雑掌為返抄寮官共勘会抄帳
③ 中世、荘園の本所などにあった職名。荘園に関する訴訟が提起された場合、本所を代表し訴訟代理人として訴状・陳状を書き進め、法廷に出頭して弁論する。なお在京して訴訟を担当する雑掌を特に沙汰雑掌と呼び、荘園にあって租税徴収などの荘務に当る者を所務雑掌(預所など)と称することもあった。
※東大寺文書‐大治四年(1129)一二月三日・明法家勘文「勘申。伊賀国司訴申東大寺黒田庄雑掌参箇条理非事」
※太平記(14C後)一「本所の雑掌を、六波羅の沙汰として、荘家にしすへん為に」
④ 中世、寺社などの修理造営に際して臨時に定められた担当者。また、室町時代、諸大名家へ将軍が臨むときなどの行事に際しても臨時に定められた。雑掌奉行
※吾妻鏡‐建保二年(1214)五月七日「所十八人雑掌也」
貴族武家に仕えて雑務に奉仕した者。
※新編追加‐宝治元年(1247)六月二二日「謀叛之輩〈略〉其外京都雑掌・国々代官所従等事者、雖御沙汰委尋明、随注申、追可御計之由」
⑥ 明治五年(一八七二)四月五日、宮内省におかれた職員で、宮中の雑務をつかさどった判任官。同一九年二月四日廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雑掌の言及

【地頭代】より

…具体的には年貢の管理をはじめ地頭の権利・義務を代行し,領家との間に紛争が生じた場合には,地頭の訴訟代理人となって,訴状や答弁書をしたため訴訟の場に立つこともあった。ただし領家では《沙汰未練書》にあるごとく,所務の代官は預所(あずかりどころ)で,沙汰の代官は雑掌(ざつしよう)であったことからすれば,訴訟にあたった地頭代が,つねに地頭に代わって所務を執行した地頭代と同一人であったとはかぎらない。また,多く一族・郎等がこれに任ぜられたとはいえ,山僧,商人を任じた場合もあった。…

※「雑掌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android