コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄び/玩び/翫び モテアソビ

デジタル大辞泉の解説

もて‐あそび【弄び/玩び/×翫び】

もてあそぶこと。また、そのもの。おもちゃ。
「子安貝や、椿の実や、小さいときの―であったこまこました物が」〈中勘助銀の匙
心の慰めとする相手。遊び相手。
「この宮ばかりをぞ―に見奉り給ふ」〈・幻〉
風流の対象となる物。賞翫物(しょうがんぶつ)。
「山吹、岩躑躅(いはつつじ)などやうの、春の―をわざとは植ゑで」〈・少女〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

弄び/玩び/翫びの関連キーワード水野忠恒たよたよ岩躑躅子安貝

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android