式部の大輔(読み)しきぶのたいふ

精選版 日本国語大辞典「式部の大輔」の解説

しきぶ【式部】 の 大輔(たいふ)

式部省の次官二人の中の上位の者。正五位下相当。儒家(大江・菅原両氏や藤原氏日野流の者など)で、天皇の侍読(じどく)を経たものが任ぜられるのが例である。
※万葉(8C後)八・一四七二・左注「于時 勅使式部大輔石上朝臣堅魚遣大宰府
※源氏(1001‐14頃)乙女「れいの大将左大弁式部大輔左中弁なとはかりして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android