コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弔問外交 ちょうもんがいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弔問外交
ちょうもんがいこう

各国の王族,元首,首相などの死去の際には,諸外国から要人が参列するのが慣例だが,それを機会に外交が展開されることを指す。 1989年の昭和天皇の大葬の礼に際しては,ブッシュ米大統領はじめ多数の元首級要人が来日したが,80年代後半から台湾の蒋経国前総統,ソ連のアンドロポフ書記長など世界の要人の死去が相次いでおり,一層弔問外交が注目されることになった。大葬の礼では,国交のない中国とインドネシアが接触を試み,両国は翌 90年に関係正常化で合意した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうもんがいこう【弔問外交】

国王や元首などの葬儀に参列した際に諸国の要人が行う外交。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弔問外交の関連キーワード諸国葬儀国王

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android